YEAR

2022年

  • 2022年9月23日

自閉症児の食事中態度を調べた研究ーどういった食べ方に問題を抱えている? 定型児との比較(自閉症7)

本ブログページでは自閉症のお子様の持つ食行動にフォーカスした論文を見つけたのでそれをトピックに書いて行きます。 研究では自閉症児の食行動と定型児の食行動が比較されていますが、「何ができて、何ができない」のが当たり前かを知ることはABA自閉症療育では大切なことです。 本件について、自閉症児に対する食事の食べ方の問題を調べた定型児との比較研究から見て行きます。 本ブログページではお子様の食事に対して問 […]

  • 2022年9月16日

すぐに答えが出ないことに対して焦らず、時間を織り込んで考えられるよう成長したい(ABA:応用行動分析コラム39)

過去、本章「ABA応用行動分析コラム」で書いた『失敗したときに理由を、納得を求めよ「一旦そっちの落とし穴」(ABA:応用行動分析コラム34)(https://en-tomo.com/2022/05/20/attitude-to-accept-failure/)』とも少し共通しそうな内容かもしれませんが、 「すぐに答えが出ないことに対して焦らず、時間を織り込んで考えられるよう成長したい」という気持ち […]

  • 2022年9月9日

(ABA自閉症療育の基礎100)自閉症児に対しての偏食指導ーABA自閉症療育手続き

この章をどこまで続けるか?というところもありますが記念すべき100記事目は「偏食指導」をテーマに書いて行きます。 千葉県栄養士会(2022.9.9サイト観覧)によれば「偏食(へんしょく)」とは、 一般的にある特定の食品に対する好き嫌いがはっきりしていて、しかもその程度がひどい場合 を言うようです。 例えば私の友達には大人になっても「生魚が食べれない人」や「煮たお肉は食べれない人」などがいますが、こ […]

  • 2022年9月2日

街中のもの絵カード(ABA自閉症療育教材)

ABA自閉症療育では絵カードを使用することがあります。 本ブログはABA自閉症療育を家庭で行うことを推奨しているブログです。 本章「ABA自閉症療育教材」ではPDFでデータを入れていますので、好きなようにダウンロードしてもらってABA自閉症療育に使用してくださって大丈夫です。 放課後等デイサービスや児童発達支援事業などの事業でも自由に使用してくださって構いません。 商用利用で販売する場合にはご連絡 […]

  • 2022年8月26日

適切な行動を増やすことで相対的に不適切な行動を減らす:日常のお子様への関わり(ABA自閉症療育テクニック9)

お子様に不適切な行動があった場合それは問題行動と捉えられ、減らしたい、無くしたいと思うことがあるでしょう。 例えば「園でみんなで活動をしているときに突然、走り出してどっかに行ってしまうんです」などです。 例に出した「その場からの逸脱(突然の走り出し)」などは周囲の大人や子どもから受け入れられる確率が低いため、問題行動であると捉えられます。 実はできている適切な行動は無視(注目されたり褒められたりせ […]

  • 2022年8月19日

自分の能力を上げる?適応させる?機械主義と機能的文脈主義から社会適用について考察(ABA:応用行動分析コラム38)

機械主義と機能的文脈主義という言葉があるのですが、機械主義と機能的文脈主義について詳しくは、 「(ABA自閉症療育の基礎86)ABAの考え方、機能的文脈主義と機械主義の比較ー機能的文脈主義をABA自閉症療育に生かす、療育指針(https://en-tomo.com/2021/05/07/aba-function-contextualism-mechanism/)」、 をご覧ください。 本ブログペー […]

  • 2022年8月12日

シングルケースデザイン(SCD)最も簡易なパターン「AーBデザイン」(シングルケースデザインと機能分析3)

本章「シングルケースデザインと機能分析」の1つ前のページでは「ベースライン」について概要を書いてきました。 本章でご紹介して行くシングルケースデザインSCDの方法はKpolovie Peter James (2016) の論文で紹介された5つ中、3つのSCDデザイン、そして「AーBデザイン」という4つの方法であるとここまで述べて来ました。 それらは以下のものです。 ・ AーBデザイン ・ A→B→ […]

  • 2022年8月5日

ABA自閉症療育で刺激内プロンプトを活用するー教材作りのポイント(ABA自閉症療育テクニック8)

本ブログページでは「刺激内プロンプト(しげきないプロンプト)」というものをご紹介します。 刺激内プロンプトは特に教材を作ることが好きな人は得意とするテクニックでしょう。 本章では最初、プロンプトについて簡単に振り返り、その後「刺激内プロンプトとは何か?」をご紹介します。 準備に少し時間がかかるものの、刺激内プロンプトを用いた療育支援は有用です。 本ブログページで刺激内プロンプトを用いるテクニックに […]

  • 2022年7月29日

(ABA自閉症療育の基礎99)教えた行動を音声の指示に落とし込む方法ー教示性制御下に組み込む

本ブログページ、つい最近の本章の内容はお子様の音声を明瞭に綺麗にして行く方法についてご紹介をしてきました。 気になる方は本章「ABA自閉症療育の基礎」、95ー98までをご覧になっていただければと思うのですがその98、 『(ABA自閉症療育の基礎98)自閉症児に言葉を教える「音量」「スピード」「抑揚」編ーABA自閉症療育プログラム(https://en-tomo.com/2022/06/24/spe […]

  • 2022年7月22日

自閉症児の心の理論、古典的研究サリーアン課題「心の理論」とは何だ?自閉症児・者に心の理論は無いの?(自閉症6)

サリーアン課題はABA自閉症療育の文脈で出現したものではありませんがご紹介していきましょう。 ABAの文脈ではありませんが自閉症のトピックではかなり有名なトピックだと思います。 サリーアン課題は自閉症児の「心の理論」を測るテスト課題です。 サリーアン課題の研究に行く前に、みなさま「心の理論」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 心の理論について子安 増生 (2016) は1978年に最初の研究 […]

PAGE TOP