CATEGORY

ABA:応用行動分析コラム

  • 2023年7月7日

不安と恐怖の違いは?今私の思っている不安や恐怖との付き合い方、対処(ABA:応用行動分析コラム46)

不安や恐怖についてはいろいろな考え方があるかもしれませんが、今回はコラム記事なので「あーそういう考え方もあるな」というくらいの気持ちで見てもらえると嬉しいです。 あなたは不安はありますか? また恐怖はあるでしょうか? 最初に不安や恐怖は決してネガティブな側面だけを持っているものではありません。 例えば「恐怖」がなければあなたの死亡確率は上がってしまう可能性があります。 「恐怖」を感じなければ遠方ま […]

  • 2023年5月19日

人生は一度きり「良い人生」、「正しい選択」の参考に選択行動や科学も考えるが最後は自分にも打ち勝たなければいけない(ABA応用行動分析コラム45)

さて、あなたも人生の中で「どちらが正解かわからない」という瞬間に立ち会ったことがあるでしょう。 「Aに行くか、Bに行くか」とか「やるべきか、やらないべきか」などです。 特に、その決断が今後の将来の時間や自分の体力を大きく消費しそうなどといったとき、私たちは迷ってしまいます。 「どれが正しいのかわからない」。 そういったとき、私たちはできれば「正しい選択」をしたいでしょう? でも「正しい選択とは何か […]

  • 2023年3月31日

新しい趣味が増えた「タイミングとハプニングとフィーリングが揃う瞬間」(ABA応用行動分析コラム44)

私のTwitterをフォローしてくれている人は知っているかもしれませんが私は料理が好きです。 そしてTwitterに書いてあるように最も好きなことはABA(応用行動分析)! それを仕事にできている私は幸せです。 幸せではあるのですが、少し悩みもあります。 悩みの1つが趣味の範囲が狭いこと。 このことに大人になってから悩んでいます。 大人になってからも少しずつ趣味も増えてきているとは思うのですが、た […]

  • 2023年1月27日

2年間週25時間以上集中訓練をすると人はどう変わる?ー野球部で週25時間以上の集中訓練を受けた2年間について振り返る(ABA応用行動分析コラム43)

さて、最初になぜタイトルに「週25時間以上集中訓練」と書いたのか、この週25時間以上がどういう意味を持つのかを見て行きましょう。 ABA自閉症療育で最も有名な研究は何でしょうか? いろいろあると思いますが私はO. Ivar Lovaas (1987)の、 「Behavioral Treatment and Normal Educational and Intellectual Functionin […]

  • 2022年12月30日

2022年も終わり、太宰治「晩年ー葉」リファレンス(ABA:応用行動分析コラム42)

今年、私にとって東京生活10年となりました。 特に「記念すべき」と、いうような想いでもありませんが、時の流れは早いもので「もう10年経ったのか」という気持ちです。 私は大学から本を読むことが増えていきました。 でも高校生まではほとんど文字ばかりの本を読んだことはありませんでした。 私にはほとんど趣味がありません。 そして、そのことを少し嫌に思っています。 だから趣味を探そうとするモチベーションがあ […]

  • 2022年11月18日

片付け嫌いが行うABAの工夫ー必要だけどやりたくない面倒で嫌なタスクをこなすコツ「行動モメンタム」の利用(ABA応用行動分析コラム41)

みなさんは自分の生活活動の中で嫌いな、苦手な活動はありますか? 私のTwitterを見てくれている人は知っていると思うのですが、私は割りかし料理を作ることは好きです。 しかし料理を作ることが嫌い、苦手という人もいるでしょう? ただ私は料理を作ることはあまり苦になりません。 それどころか「新しい料理を作ってみよう」と誰からも指示を受けていないにも関わらず自発的に自由な時間を使って行ったりするものです […]

  • 2022年9月30日

人は、私は特定の話題をどうして嫌悪的に思いすぐに終了したくなるの?ーレスポンデント条件付けから考察(ABA:応用行動分析コラム40)

人は、私は特定の話題をどうして嫌悪的に思いすぐに終了したくなるのかという現象はとても不思議ではありませんか? 例えば想像をしてみてください。 あなたが誰かとお付き合いをしていて、お付き合いをしている関係が上手く行っていないタイミングで、その異性との関係についての話を聞かれたとき「あぁ、まぁ、また話すわ」などとすぐにその話題を終了したくなること、ありませんか? 他にも学生時代に友達とトラブルがあ […]

  • 2022年9月16日

すぐに答えが出ないことに対して焦らず、時間を織り込んで考えられるよう成長したい(ABA:応用行動分析コラム39)

過去、本章「ABA応用行動分析コラム」で書いた『失敗したときに理由を、納得を求めよ「一旦そっちの落とし穴」(ABA:応用行動分析コラム34)(https://en-tomo.com/2022/05/20/attitude-to-accept-failure/)』とも少し共通しそうな内容かもしれませんが、 「すぐに答えが出ないことに対して焦らず、時間を織り込んで考えられるよう成長したい」という気持ち […]

  • 2022年8月19日

自分の能力を上げる?適応させる?機械主義と機能的文脈主義から社会適用について考察(ABA:応用行動分析コラム38)

機械主義と機能的文脈主義という言葉があるのですが、機械主義と機能的文脈主義について詳しくは、 「(ABA自閉症療育の基礎86)ABAの考え方、機能的文脈主義と機械主義の比較ー機能的文脈主義をABA自閉症療育に生かす、療育指針(https://en-tomo.com/2021/05/07/aba-function-contextualism-mechanism/)」、 をご覧ください。 本ブログペー […]

  • 2022年7月15日

自由反応場面で自分のベストな強化量をアセスメントして人生の質を上げるーABA自閉症療育でお子様の強化量を意識する(ABA:応用行動分析コラム37)

本ブログページでは最初に本ブログページ内で出てくる「自由反応場面(じゆうはんのうばめん)」と「強化子(きょうかし)」というキーワードについて解説をし、 その後「自由反応場面で強化子の量を探す」というABAの理論を使って自分自身の人生の質を上げるアイディアについて書いて行きましょう。 そして本ブログはABA自閉症療育ブログなので、そのことがどのようにABA自閉症療育に活かせるのかについて書いて行きま […]