CATEGORY

ABA自閉症療育で使う基礎理論

ABA(応用行動分析)を用いた自閉症療育の基礎理論を扱うブログカテゴリー。ブログでABA(応用行動分析)自閉症療育の理論(オペラント、レスポンデントなど)を紹介。ブログでABA(応用行動分析)自閉症療育の理論(オペラント、レスポンデントなど)をお伝えしたい

  • 2021年7月9日

(ABA自閉症療育の基礎90)ABA自閉症療育でのお子様の般化を促す「代表例教示法」

本ブログページでは「代表例教授法(General Case Programming、General Case Instruction)」について学んでいきましょう。 ABAでの自閉症者支援に「代表例教示法」という方法があるのですが中身を見て行くと実は私たちも普段の生活で行っているようなテクニックです。 「あーそういう方法を代表的教示法というのね」ということ、 そして「いつもやっていた方法」もしくは […]

  • 2021年7月2日

(ABA自閉症療育の基礎89)ABA(応用行動分析)の基礎「強化履歴」、「忘れる」は可能か?過去の学習(経験)は私たちにどう影響を与える?

強化履歴(きょうかりれき)とはいったいなんでしょうか?また私たちの行動にどのように影響を及ぼしてくるのでしょうか?そしてABA自閉症療育における強化履歴が影響する場面は? 強化履歴について見る前に、以下の前置きをご覧ください。 以下の前置きが「あたりまえだろ」と感じる方はこのブログページに必要なABAの基礎知識の理解はありますので下にスクロールして「ABA(応用行動分析)における強化履歴とは何か? […]

  • 2021年5月16日

(ABA自閉症療育の基礎88)療育での正しい指示?自閉症児への指示の出し方、指示を出す目的、指示の種類を考察

その回答とは何でしょうか? ・ 簡単で簡潔な言葉 ・ はっきりした大きな声 ・ しっかり目を見て、目を合わせて伝える が一般的に正解と言われる回答だと思います。 これは正しいでしょうか? 今日はこのことについて考えていきたいと思います。 自閉症児への指示で正解とは何かを考える 例えば指示を出すとき、目的を持って自閉症児に指示を出します。 指示を自閉症児に出すとき、その指示の出し方の「正解」とは何で […]

  • 2021年5月14日

(ABA自閉症療育の基礎87)療育場面で選択機会を設けることで子どもの学習モチベーションを上げる:PRTエッセンス

本ブログページでは「療育場面」で選択機会を設けることでお子さんの課題に取り組むモチベーションを上げることができるテクニックをご紹介していきます。 子どもの療育に選択機会を用いる取り組みは主に「PRT:Pivotal Response Treatment(機軸行動発達支援法)」で実践されてきました。 PRTは「NBI(Naturalistic Behavioral Interventions:自然主 […]

  • 2021年5月7日

(ABA自閉症療育の基礎86)ABAの考え方、機能的文脈主義と機械主義の比較ー機能的文脈主義をABA自閉症療育に生かす、療育指針

ABA(応用行動分析)の考え方でユニークな考え方の1つが「機能的文脈主義(function contextualism)」という言葉だと思います。 私は「機能的文脈主義」について近年、大人への対人支援を目的とした専門書で良く目にするようになりました。 私が学生の頃の言葉で言えば「機能主義」と呼ばれていた内容と同義語だと思いますが、このような考え方はABAの根幹を成す考え方だと思いますのでご紹介しま […]

  • 2021年4月23日

(ABA自閉症療育の基礎85)ABA自閉症療育を種類分けする:EIBI(DTT) VS NBI(PRT等)、ディスクリート型とフリーオペラント型療育との違い、簡単な歴史

これまでブログの中では、 (1) 「EIBI:Early Intensive Behavioral Intervention (早期集中行動介入)」 (2) 「DTT:discrete trial teaching(離散型試行訓練)」 (3) 「NBI(Naturalistic Behavioral Interventions:(自然主義的行動療法)」 (4) 「PRT:Pivotal Respo […]

  • 2021年4月9日

(ABA自閉症療育の基礎84)家庭でABA自閉症療育!機会利用型指導法で日常生活を通して療育する

このブログページでは日常生活の中でABA自閉症療育を行う方法として「機会利用型指導法(Incidental teaching)」というものをご紹介します。 先のページ、 「(ABA自閉症療育の基礎83)ABA自閉症療育で言葉・発語を教えるのに最適!マンドトレーニング(https://en-tomo.com/2021/03/18/aba-mand-training/)」 では自閉症児に言葉を教える「 […]

  • 2021年3月18日

(ABA自閉症療育の基礎83)ABA自閉症療育で言葉・発語を教えるのに最適!マンドトレーニング

以前、言葉を出すことをどうやって教えて行くか?というブログページ、 「(ABA自閉症療育の基礎74)ABA自閉症療育で無発語・言葉の少ないお子さんの発語を出現させる、量を増やす(https://en-tomo.com/2021/01/22/first-speaking-technique/)」 について書いたときにちょっと出てきた「マンドトレーニング」。 このブログページでは言葉が少ない、または無 […]

  • 2021年3月13日

(ABA自閉症療育の基礎82)ABA自閉症療育のプロンプトフェイディングはどこまでフェイディングすれば良いか?

このブログページではプロンプトフェイディングはどこまでプロンプトをフェイディングすれば良いかについて書いていきます。 プロンプトフェイディングとは「プロンプト」というものを「フェイディング」する療育テクニックです。 まずプロンプトとはどういったものだったでしょうか? Raymond .G .Miltenberger (2001)を参考にすれば「プロンプト」とは「弁別刺激」と共に提示される刺激であっ […]

  • 2021年3月5日

(ABA自閉症療育の基礎81)PRTを含むNBIで強調される自然で直接的な強化子を意識してABA自閉症療育を実践する

このブログページでは「自然で直接的な強化子」についてご紹介します。 私は自然な強化子と読んでいますが英語だと「偶発的な強化子(Contingent Reinforcement)」と書いてあることもある強化子のことです。 私はABA自閉症療育で使用できるのであれば「自然で直接的な強化子」を使用した方が良いと考えているのですがこのブログページでは、 ・ 自然で直接的な強化子はどういったABA自閉症療育 […]

PAGE TOP