MONTH

2022年6月

  • 2022年6月24日

(ABA自閉症療育の基礎98)自閉症児に言葉を教える「音量」「スピード」「抑揚」編ーABA自閉症療育プログラム

本ブログページでは本章前回のブログページに引き続き自閉症児に言葉を教えるときに使えるABA自閉症療育のプログラムの手続きとポイントを書いて行きます。 本章前回のブログページでは「文章」を明瞭に綺麗に発音する練習方法をご紹介しました。 本章前回のブログページは「(ABA自閉症療育の基礎97)自閉症児の言葉を明瞭に綺麗するー文を話すときをどう明瞭に綺麗して行くか(https://en-tomo.com […]

  • 2022年6月17日

「ベースライン」とは何か?シングルケースデザイン(SCD)の基本(シングルケースデザインと機能分析2)

本章「シングルケースデザインと機能分析」の1つ前のページでは「シングルケースデザイン(SCD)」について概要を書いてきました。 本章でご紹介して行くSCDの方法はKpolovie Peter James (2016) の論文で紹介された5つ中、3つのSCDデザイン、そして「AーBデザイン」という4つの方法であると1つ前のページでは述べています。 本章の1つ前のブログページは『シングルケースデザイン […]

  • 2022年6月10日

「トップダウン思考」で介入計画を作る、必要なターゲット行動を具体化する(ABA自閉症療育テクニック6)

私の考えではABA自閉症療育で支援して行く内容は大別すれば、 (1) まだできないことをできるように教える (2) もうスキルとしてはできることを、他の人や場所でも使用できるよう促す のどちらかについてお子様へ支援して行くという認識です。 このように考えることは非常にシンプルでやりやすいと思います。 (1) まだできないことをできるように教える の場合は基本的には「プロンプト」と「強化法」をしっか […]

  • 2022年6月3日

お子様が抵抗感のある課題に挑戦させるー簡単な課題のあと難しい課題を入れる(行動モメンタムを意識した)課題設計(ABA自閉症療育テクニック5)

ABA自閉症療育ではお子様にさまざまな課題を行ってもらうのですが、お子様が行う課題は、 ・ 既にできるようになっている課題 と ・ 今練習している挑戦中の課題 に分けて考えることができると思います。 「既にできる簡単な課題」と「今挑戦している難しい課題」についての取り組み方について、 例えばブログ内では今まで「PRT:Pivotal Response Treatment(機軸行動発達支援法)」とい […]

PAGE TOP