MONTH

2020年6月

(ABA自閉症療育での行動の見方2)死人テスト・行動の過剰と不足

ABA自閉症療育で使える行動の見方 このページではABAでは行動を変えたい時、どのように変えたい行動を定義をするのが良いかについて書いていきます。 定義が必要な理由はABA療育ではお子さんの「行動を変えたい」のです。 ですから「行動が変わった」とわかるために「行動は測定ができる必要」があります。 そうでなければ「変わったかどうか」はあなたの主観で判断することとなってしまうのです。 これは、とても困 […]

(ABA自閉症療育での行動の見方1)医学モデルとABA

ABA的思考 私たちは普段生活している時、行動をみる際「医学モデル」という考え方を使っているようです。 ABAで行動を考える時この医学モデルと呼ばれるものとは違う考え方をします。 ABA療育では「行動をどうみるか(捉えるか)」ということは「基本の”き”」になってきます。 これはとても重要なことです。 この章では「どうやって行動を測定すれば良いか」を紹介していきますが、その前にこのページではまず医学 […]

(ABA自閉症療育のエビデンス24)ABA自閉症療育を選ぶ理由ー科学的効果?

この章の最初「(ABA自閉症療育のエビデンス1)エビデンス・ベースド・プラクティス(https://en-tomo.com/2020/03/15/evidence-based-practice/)」 では対人支援職の分野で近年「科学的な根拠に基づく実践」の重要性が説かれていると書いた。 このような支援をEBP(Evidence Based Practice:エビデンスベースドプラクティス)と呼び、 […]

(ABA自閉症療育のエビデンス23)親のストレス対処:MBPBS

「(ABA自閉症療育のエビデンス20)親が自閉症児に与える影響(https://en-tomo.com/2020/06/16/parent-autism/)」 で親が早期介入の中で高い子育てストレスを感じていた場合、早期介入の利益が減ってしまうという研究を紹介した。 療育中、親が高い育児ストレスを持つのは非常に勿体ない。 親自身のQOLを上げるという目的もあるがこの理由からだけでも子どもにABA療 […]

PAGE TOP