CATEGORY

ABA応用行動分析コラム

梅津耕作が表現した自閉症と1985年東京で行われた言葉喪失型自閉症のデータ(ABA:応用行動分析コラム14)

このブログページでは私の頭の中にずっと残っている、自閉症を表した梅津耕作の文章をご紹介しましょう。 ブログも結構たくさん書いてきたので、今日はこういう趣向で行ってみます。 この文章は1975年、梅津 耕作によって書かれた本「自閉児の行動療法」冒頭の文章です。 長く引用します。 私は昔この文章を見たときに自閉症の症状を上手く表した内容だと思いました。 梅津耕作が表現した自閉症 『 彼は生まれつき可愛 […]

私の思う精神疾患とは何か?どういう状態か?(ABA:応用行動分析コラム13)

ABA:応用行動分析コラム13では私が「精神疾患」についてどういう状態と捉えているかを書いていきましょう。 また精神疾患とまでは行かなくとも「精神的に参っている状態」などにも共通する点があると思いますので、この点も書いていきます。 私はカウンセラーという職業に既に15歳の頃には興味があり、そこから心理学を学びたいと興味を持って生きてきました。 現在30代ですがフリーランスの臨床心理士として生活して […]

自閉症者にカラオケを通して人との関わりを増やす!余暇活動の強化と対人相互作用の促進(ABA:応用行動分析コラム12)

ABA:応用行動分析コラム12では自閉症の男の子にカラオケ活動の中で介入を行い、カラオケ活動を通して人との関わりを増やしていった研究をご紹介します。 この研究は井澤 信三・山本 秀二・氏森 英亜 (1998) によって行われました。 私はあまり趣味がなくて、そこのところについては、自分自身でつまらないなと感じるところです。 余暇活動は人生を充実させてくれる1つの要素であるだけでなく、余暇活動を通し […]

ABAで野球のスローイングを上達させるーABA自閉症療育に使えることを学ぼう(ABA:応用行動分析コラム11)

ABA:応用行動分析コラム11は療育とは違いますがABAで硬式野球部の高校生を対象にスローイングを上達させたABAの研究をご紹介します。 この研究からABAがスポーツなどのいろいろな分野に使えるということをご紹介することも知って欲しいですが、 私が知って欲しいのはこの研究で使用している介入方法もABA自閉症療育に応用することができる方法でしたので、本研究をご紹介しながらどういったところがABA自閉 […]

自閉症療育、信頼できる療育の専門家?あなたにとっての良い療育セラピストとは?ー個人的意見(ABA:応用行動分析コラム10)

先のABA:応用行動分析コラム第9弾「自閉症療育ー個別療育の方が良いの?それとも集団療育の方が良いの?ー児童発達支援の選択(https://en-tomo.com/2021/02/26/individual-or-group/)」 では「個別療育か集団療育か?」というテーマから良い療育先と出会って欲しいという内容を書きました。 このような記事を書いたこともあって、ABA:応用行動分析コラム第10弾 […]

PAGE TOP